大学進学に関してのご報告。

以下の文章は、Facebooknoteに投稿したものと同じものになります。

【ご報告】

今日は3月1日。公立高校は今日が卒業式ですね。
私もおかげさまで2月9日に卒業式を終え、無事に高校を卒業することができました。そして、皆様に卒業後の進路に関してご報告していませんでしたので、本日、ご報告させていただきます。

4月より、立教大学 観光学部 観光学科に進学します。

正直な話をすると、私の大学受験での第1志望校は「慶應義塾大学 環境情報学部」でした。8月にAO入試でSFCを受験をしましたが、結果は残念ながら不合格。しかし、このAO入試を通して、自分としっかり向き合うことできました。「今まで自分がやってきたこと」「これからやっていきたいこと」を嫌になる程考え、その結果自分が選んだ道が、この観光を学ぶということでした。

この私が生まれ育った沖縄は、観光産業が大きく経済にも影響を与えており、また父親や叔母はこの観光業に従事しています。そんな環境の中に育った私には、心のどこかにこの観光業に関わりたいと思っていた部分があり、またそれが進学先を選択するに当たり大きな後押しとなりました。

日本の大学の中でも長い観光教育の歴史を持つ「立教大学 観光学部」。
そんな環境で学べることに感謝し、将来的には、学んだことを活かし、観光をとおして魅力的な社会を創る。新しい社会を創り上げるということに挑戦をしたいと思います。 そしていずれは、沖縄を、日本を、そして世界を変えていきます!

大学入学はスタートライン。
これからも自分なりに頑張っていきたいと思います。

そしてここまで支えてくれた両親、親友、友人、今まで関わってきた全ての人に感謝します。今までありがとうございました。そして、これからもよろしくお願いします。

また、4月からは上京し一人暮らしが始まります。 まだまだ未熟な私ですので、ご迷惑をおかけすることがあると思いますが、改めてよろしくお願いします。

令和2年3月1日 神谷 悠

Today, March 1st, is the graduation day for public schools.
Thankfully, I also had a graduation on February 9th and graduated from a high school.
However, I didn’t announce about my future yet so I will talk about it in here.

From April, I will proceed to the Department of Tourism and Hospitality Management, College of Tourism, Rikkyo University.

Tourism industry has a big impact to the economy of my hometown, Okinawa, and my father and aunt are engaged in it. This made me encourage to learn about tourism trade in university.

College of Tourism of Rikkyo University has the most longest history of education of tourism in Japan. Thus, I appreciate that I can learn about it in Rikkyo University.
In the future, by using the knowledge of tourism, I want to create an attractive and creative society through tourism.
Eventually, I want to change Okinawa, Japan, and the world!

Additionally, from April, I am going to live by myself in Tokyo.
I will strive for it so I am looking forward to your continuous support.
Thank you.

March 1st, 2020 Haruka Kamiya

関連記事

  1. 自己紹介

  2. Discordのボイスチャンネルの入り方 (主にグルドン民むけ)

  3. 20歳の誕生日を迎えて(成人しました!)

  4. iPhoneの液晶とAppleCare

  5. あけましておめでとうございます

  6. 昨日投稿したブログについての話

  7. いま僕が欲しいもの

  8. 皆さんお久しぶりです

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ